HOME  ニュース  企業情報  MFTの取り組み  事業内容  お問い合わせ  | 採用情報 |




現任教育
東京イベント警備
運動会
塩川花火大会
オハラブレイク
田島祇園祭
入社式
福島プロジェクションマッピング



過去の記事を見る | 2016年 | 2017年 | 2018年 | 2019年 |




2020.4.29    原点回帰・高速道路規制訓練を実施しました


高速道路上における工事現場の警備をより安全に作業ができるよう、猪苗代スキー場の駐車場をお借りしてコーンの設置や回収などの訓練を実施しました。この日は3回目となる訓練で、中通エリアや会津エリアで高速警備に携わる営業所の警備員25人が参加し、気持ちを原点に返ってひとつひとつの手順を確認しました。新型コロナウイルス感染拡大により、全員がマスクを着用しての訓練になりましたが、警備員らは実際に車が走行する中、大きな声を出すなどして各々の役割を明確にしながら、仲間たちと心を合わせて訓練を実施しました。弊社では今後も訓練を重ね、高速道路の工事などに関わるすべての人が、安心や安全に業務ができるよう志を持って努めていきたいと考えております。







2020.4.17    出会いの春・エム・エフ・ティに新しい仲間が加わり感動の入社式を開催


今年は新型コロナウイルスの影響などで暗い話題が続く中、今年採用の新入社員が加わり、エム・エフ・ティに明るい話題が飛び込んできました。4月1日、郡山本社において、天間惠美子社長をはじめ幹部職、先輩社員らが出席し、アットホームな雰囲気で入社式を実施いたしました。式では先輩らの歓迎の言葉に、新入社員が涙を流す場面もありましたが、笑いあり涙ありの明るい入社式となりました。式の締め括りは屋上に移動し、先輩社員らが胴上げをして新入社員の入社を祝福。その後、昼食を囲みながら、先輩社員との楽しいひと時を過ごしました。







2019.12.27    令和初の大忘年会「第9回目を迎え盛大に今年1年の活躍をねぎらいました」


12月27・28日の2日間、福島市穴原温泉「吉川屋」において、今年で9回目となる恒例の大忘年会を開催いたしました。忘年会には日頃お世話になっている企業の代表者様や社員などが参加し、鏡開きで幕を開けると賑やかな宴を楽しみました。中盤では本社や営業所代表の余興が舞台を飾り、それぞれ独自のアイデアを駆使して宴に花を添えました。会場はたくさんの笑顔や温かい拍手に包まれ、とても和やかな時間を過ごすことができました。また二次会では歌上手なご来賓を代表いただきメドレーが披露され、宴は大いに盛り上がりを見せました。起こし下さいました皆様には心から感謝を申し上げます。
来年は東京オリンピック・パラリンピックも開催され、より多くの外国人観光客が日本を訪れます。故郷の未来を守るとともに、MFTグループは社員一丸となって決意を新たに頑張ってまります。来年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。







2019.12.13    たから幼稚園の園児たちが郡山営業所の見学に来ました


たから幼稚園では、毎年12月に郡山営業所を訪問するのが恒例となっています。たから幼稚園は郡山営業所のすぐそばにあります。毎週金曜日に行っている一斉清掃でたから幼稚園の周辺を清掃したり、
園児たちが無事に登園できるように、横断歩道で交通誘導を行ったり、パトロールをしたりしています。そのお礼として、お花とメッセージカードを頂きました。当日は、仕事の紹介と、実際に警備用品を使ってもらったりしました。仕事紹介では・警察と警備員の違いについてなどを説明をしました。
警備用品では・無線機を使ってお友達同士で会話してみる(無線機の体験は大人気!!)・誘導旗で赤旗の時は止まれ、青旗は進めだということを理解してもらう・夜行チョッキの試着・誘導灯を使ってみる(ライトセーバー!!と喜んでいました。)
田代警備士と緒方警備士の交通誘導の実演では「カッコいい!!」「もう一回やって!!」と大好評でした。質問の時間には、「どうして警備員になったの?」「無線機はどうして聞こえるの?」「エム・エフ・ティってどういう意味?」などの質問が挙がりました。最後には「警備員になりたい!」と子供たちが言ってくれて、とてもうれしかったです。私たちはこれからも、警備を通して、子供たちの未来と笑顔を守っていきます。


※個人情報保護のため一部写真にはモザイクを施しております。





2019.10.22    台風19号の猛威と惨状・いわき市で社員の自宅の片付けや地域復興をお手伝い


10月22日(火)、弊社の社員30人が福島県いわき市の台風被害を受けた地域を訪問し、水害などに遭った自宅の後片付けなどを行って復興支援を行いました。いわき市訪問のきっかけは、弊社の社員の自宅がいわき市で、台風による水害を受け、会社の仲間が片付けや自宅再建を手伝いたいと申し出たことで実現しました。当日は社員の自宅の家具の片付けやゴミの搬出などを行ったのち、平中平窪地区周辺の清掃などを実施いたしました。社員らは災害に遭われた方々が、いち早く普段の生活を再開できるよう、少しでも役に立てればという気持ちで作業に当たらせていただきました。また、現場の惨状を目の当たりにすると、特に地域の高齢者などが困っている姿が目に映りました。台風が到来して1週間以上が経過しましたが、被害は未だ全貌を掴めていないことを改めて実感しました。そういった高齢者の荷物の運び出しなどを手伝わせていただき、最後に「ありがとう。本当に助かりました。」との声をいただき、少しでも早く再建して日常の暮らしに戻って欲しいと願いました。弊社では今回の災害を通じ、少しでも地域の方々の復興の一躍を担っていきたいと決意を新たに致しました。






2019.10.20    第7回大運動会開催【貴乃花光司 元横綱参戦。台風到来にも負けず、地元の子どもたちと一緒に福島から元気を発信】


10月20日(日)、今年で7回目となる大運動会が開催され、社員やご来賓あわせて約200名が参加し、親睦と絆作りを目的に秋空のもと汗を流しました。今年で東日本大震災より9年目。当社の運動会は震災の時一番つらい思いをした全社員に、「元気を取り戻してもらいたい、粉々になった心をもう一度取り戻してもらいたい。一人ではなく、たくさんの仲間がいるという事を忘れないで欲しい。」という思いで始まりました。今年は台風19号が到来した直後の開催で、福島県においても浸水被害や土砂崩れなど、深刻な被害が多く発生したため、一時は大会を見送ることも考えましたが、もう一度立ち上がり、福島から元気を届けようと開催する運びになりました。運動会は猪苗代町の陸上競技場を舞台に、今回は初めての取り組みとして、地元の子供園の園児らおよそ50名にも参加いただき、特別ゲストとして招いた第65代横綱・貴乃花 光司 様と綱引きをするなどして白熱の戦いが繰り広げられました。結果は子供たちが圧勝し、会場には綱引きに勝利した子供たちの元気な声が響いていました。その他にも社員らによるバン食い競争や玉入れ、リレーなどが行われ、参加した人たちは全ての力を振り絞り優勝を目指して戦い抜きました。運動会終了後、ホテルリステルに会場を移してバーベキューが開かれ、お腹を満たしながら表彰式を実施し、温泉に入って疲れを癒すなどして、互いの健勝を称えあいました。








2019.4.29    第26回 郡山シティーマラソン大会の警備を担当しました


福島県郡山市の開成山陸上競技場ならびに周辺の公道にて開かれた、第26回 郡山シティーマラソン大会の警備業務を担当しました。当日は7,000人を超えるランナーが参加し、34部門にわかれ郡山市内を駆け抜けました。弊社では通行止めや迂回についてのご案内、そしてランナーが走るコース上の規制、一般車両がコースに入らないよう駐車場のご案内などを中心に業務を実施しました。大会は大いに盛り上がり、全国各地から訪れたランナーの皆様の応援や、地元イベントのお手伝いをさせていただける事について、感謝の気持ちを抱きながら警備業務を務めさせていただきました。





 

2019.3.24    福島ユナイテッドFC vs アスルクラロ沼津・第3節 サッカー試合の警備を実施しました


 3月24日、福島市のとうほう・みんなのスタジアムにて開かれた福島ユナイテッドFC vs アスルクラロ沼津・第3節が開かれ、当社では駐車場警備やシャトルバスの誘導などの業務を実施しました。
積雪が降る中、当日は、スタジアム前に来賓や選手を乗せた大型バスが到着するため、一般車両を専用駐車場へ誘導する業務や、付近の大駐車場における交通誘導などを実施しました。





 

2019.3.23    福島中央テレビ主催・中テレ祭り2019のイベント警備を担当しました


 3/22~24の3日間に渡り、郡山市のビックパレットふくしまで開かれた中テレ祭りの警備業務を担当致しました。当日は駐車場警備及びバックヤードのIDチェック・臨時駐車場の警備やシャトルバスの案内などを実施させていただき、福島を元気にしたいという想いから、弊社スタッフが会場の外で飴やティッシュなどを配布させていただきました。
ティッシュの中には「福島がんばろう」というメッセージを添えて、福島の復興に向けて皆様と共に決意を新たに致しました。ご来場されたお客様がお帰りになるまで、イベントを楽しんでいただけるよう、元気な声で警備に当たらせていただきました。





 

2019.3.11    「第8回 福魂祭」東日本大震災から8年・復興に向けた一役を担いました


 2019年3月11日、ふくしまビックパレットで開かれた「第8回 福魂祭」の警備業務を担当させていただきました。当日は早朝から雨天に見舞われ、足元の悪い中の開催でしたが、多くの人々が追悼の願いを込めて来場されました。
当日は弊社から15名の警備員を動員し、駐車場警備やバックヤードにおける出入口などのIDチェック・会場内の雑踏警備を実施しました。復興支援に大勢のアーティストらも訪れ、このうち元貴乃花親方が、ちゃんこ鍋を自ら前日に仕込みを行い、当日に限定振舞いを行う催しには、子どもから大人まで大勢の方々が楽しみに訪れ、「美味しく食べる事ができた」などの声もいただき、無事実施する事ができました。震災から8年が経過し、風化が心配される中、私達は多くの人たちに、改めて福島の復興はこれからという認識を高めていただき、警備を通じて人や町の安全、そして元気を発信してまいります。





 

2019.3.11    東日本大震災追悼復興記念式 イベント警備を実施しました。


3月11日、福島市のとうほう・みんなの文化センターにて、東日本大震災から8年目となる追悼復興記念式が開かれ、当社では駐車場内における車輌の誘導業務等を実施しました。当日は追悼式に参列いただく、多くの方々がお越しになり、駐車場内における安全と安心をお届けいたしました。